Profile

chiaki

城間千明(vo) Chiaki Johma

沖縄県那覇市出身。

3歳からピアノを習い始め、小学3年生から吹奏楽部に所属、Ebクラリネットを吹き始める。

中学卒業後、ずっと憧れていたマーチングの強豪校を受験し、入学と同時に入部。

毎年全国大会に出場する程マーチングバンドとしては有名な高校だった為、ブラジル遠征の機会に恵まれ、高校1年の夏にブラジルへ3週間渡米した。

ブラジルに滞在中、現地の修道院で寝泊まりをしながら、連日各地へ出向き、教育機関や公共施設、国際会議などを訪問し演奏を披露する日々を送った。

地球の裏側に暮らす人々との交流の中で風土や文化、郷土音楽など触れ、当時15才だった私には、全てが強烈な刺激となって鮮明に刻まれた。

高校卒業後「もっと世界の事を知りたい。世界中の人とコミュニケーションを取れる様になりたい」と、英語を習得する為カリフォルニア州立サンタバーバラシティカレッジへ留学。

卒業までの3年間「一般教養」の単位に必要なクラスを専攻しながら、もう一方で音楽への想いも捨てきれず、ボーカルテクニックや民族音楽、黒人音楽史などのクラスも専攻した。

休みの日は、クラシック、レゲエ、ソウル、ジャズ、ラテン音楽を始め、ストリートミュージシャンの演奏など、時間の許す限りどこへでも出かけてありとあらゆるジャンルのパフォーマンスを鑑賞した。アメリカに移住して益々、音楽への興味は湧くばかりだった。

あらゆるパフォーマンスの中でも、最も記憶に残っているのは無名の東南アジア系女性 Jazz Vocalist の演奏だった。

華やかな衣装を着るわけでもなく、金髪でも、黒人でもない彼女がJAZZを歌い始めた瞬間、何かで頭を殴られた様な衝撃を受けた。

絶対音感を持つ彼女は、まるで楽器の様に声を自由自在に操り、音程も完璧。かなり音楽的技術が高く超絶技巧だった。それでいて素朴で、自慢が無く、ひとつの楽器としてバンドと融和していた。

そこに居るすべての人の心に沁み込んで来る様な、完璧で、とにかく心地よい声だった。どこを取っても非の打ち所がない彼女のパフォーマンスを呆然とした。「JAZZこそ本物だ…」と20才そこそこだった私は、放心状態でとぼとぼ歩いて帰った記憶がある。

この日の経験が、私の進路を大きく変えていった。

この頃から「Jazz Vocalist になりたい」と気持ちは膨らむばかりで、寝ても覚めても音楽の事しか考えられなくなっていた。

短大卒業後、日本へ帰国する前に、ニューヨークやロスアンゼルス、サンフランシスコなどを回り、各地で本場のJAZZ LIVEやミュージカル、あらゆるARTを見て回った。

世界トップレベルの技術を目に焼き付けて、沖縄へ帰りたかった。

帰国後は、県内のライブハウスで働きながらJazz Vocalを学んだ。

音楽で、歌で、人の心を動かしたい。

楽曲のもつ魅力を損なう事なく、きちんと伝えられる歌い手を目指して。

そのために、曲の情景や歌詞を表現する事にこだわり、独自の活動を展開してゆく。

 

好きなボーカルは、Sarah Vaughan, Carmen McRae, Billy Holiday, Louis Armstrong, Nat King Cole, Bessie Smith, Ella Fitzgerald…etc.

オフィシャルブログ↓



 jazz vocal Chiaki’s diary